久留米 まち旅博覧会「久留米まち旅」

トップページ伝統とものづくりの心にふれるまち旅

温故知新の陶芸体験

18 いぶし銀の城島瓦で 粋な器づくり

江戸時代に有馬公が丹波の国(現在の京都府、兵庫県)より瓦工を連れ てきたことが始まりとされる城島瓦。400 年もの時を超えた今、瓦職人 が遊び心でつくった瓦の器が密かなブームとなっています。その城島瓦 の渋田瓦工場で、いぶし銀の粋な器をつくりませんか。12 月にはオプショ ンで、出来上がった器にお正月用寄せ植え体験もできます。


<講師>
渋田 良一
渋田瓦工場


プログラムの概要

プログラム 18 いぶし銀の城島瓦で 粋な器づくり
開 催 日 2012/10/27(土)
開催時間 10:00~12:00
参加料金 3,000 円
Web予約定員 2名 (Web予約定員が0のものは、電話予約のみです)
Web予約残席 0名

WEB予約

このプログラムは終了しております。
電話予約 0942-31-1730
定員/ 8 名
※完成品は、約一ヶ月後に手渡しです。
● 予約先/実施日の5 日前までに要予約
久留米まち旅博覧会事務局 
☎ 0942-31-1730

Facebookでコメントしよう


会場・集合場所

町民の森駐車場

住所・アクセス
久留米市城島町楢津764
電話
0942-31-1730(久留米まち旅博覧会事務局)

大きな地図で見る